1月11日(月・祝)

新春の快晴の中

とどろみの森クラブ主催の「どんと焼き」が、

箕面森町北の里山管理小屋で開催されました

IMG_3222

IMG_3220


どんと焼きとは、古来よりお正月の飾り物(門松や注連縄など)を

神様の「よりしろ」として、ゴミとせずに畑などに持ち寄り、

お焚きあげを行う行事
です。



朝の10時から開始にも関わらず、

たくさんの住民の方が参加される中、着火

IMG_3213


どんどんと火が強まり、気持ちの良い晴れた空に煙が立ち上がりました。
 
IMG_3205


とどろみの森クラブでは、
里山の風物詩として例年実施しています。

季節感は大切ですね